申請手続き(認定の流れ)

ものづくりマイスターの申請から認定・登録までの手続きについては、次の図のとおりです。(ITマスターも同様)。ご不明な点がありましたら、遠慮なく技能振興コーナーまでお問合せください。

申請・認定の流れ図

(1)マイスターの堀り起こし本県において、平成30年11月現在で認定されているものづくりマイスターは、111職種のうち49職種223名となっています。ものづくり産業の発展を支えていく若年技能者の技能向上のためには、これまで認定された職種に加え、他の職種、特に、企業・団体や職業系高校等から実技指導の要望のある、或いは要望が見込まれる職種についても、ものづくりマイスターの掘り起しを進めていきます。

認定の対象となっている製造業及び建設業に該当する企業におかれましては、ものづくりマイスターの要件に該当される技能者の掘り起こしについて、ぜひともご協力をお願いします。


(2)マイスターの認定申請ものづくりマイスターの要件に該当する技能者は、認定申請書に必要事項を記入し、佐賀県技能振興コーナーに提出してください。

★認定申請の要領や申請書の様式や記入例等は下記の厚生労働省ものづくりマイスターデータベースサイトからダウンロードできます。
厚生労働省ものづくりマイスターデータベース:ものづくりマイスター募集中
厚生労働省ものづくりマイスターデータベース:ITマイスター募集中


(3)マイスター認定申請の取次ぎ佐賀県技能振興コーナーでは、提出された認定申請書の記載内容や、1級技能検定合格証書や職業訓練指導員免許証の写しなど必要とされる添付書類を確認後、中央技能振興センター(中央職業能力開発協会)に送付します。

(4)認定結果通知中央技能振興センターは、提出された認定申請書及び添付書類を確認後、ものづくりマイスター認定委員会に諮り、同委員会では申請書類の審査後、認定の可否を決定し、佐賀県技能振興コーナーに通知します。

(5)認定結果通知、認定証交付ものづくりマイスター認定申請書を提出された技能者には、中央技能振興センターの審査結果を通知します。認定されたものづくりマイスターには、認定証が交付されます。認定証は佐賀県技能振興コーナーに送付され、同コーナーより認定証を本人に交付します。

中央技能振興センターでは、認定したものづくりマイスターを登録してデータベースを作成・公開しています。公開される個人情報は、氏名・性別、所属企業名及び所在地(市区町村まで)、技能に係る主な取得事項・免許等、得意とする指導内容等となっています。

全国のものづくりマイスターデータベースはこちら

お気軽にお問合せください!

お問合せ・ご相談

連絡先 お問合せフォーム